美容と健康

コンドロイチンにはどんな働きがあるの?

コンドロイチンの一番の働きは軟骨の形成です。
磨り減った軟骨は骨を上手に守らなくなってしまいます。
そうすると骨が擦れるようになり、関節痛を引き起こします。

コンドロイチンを摂取することで、軟骨を復活させることができるのです。
これで階段の上り下りや、お風呂の段差なども怖くなくなります。
更に、ほかの面でもコンドロイチンは活躍してくれます。

それが美容です。
コンドロイチンの特徴の一つに水分を集めて逃がさないというものがあります。
歳をとると、肌がカサカサになってしまうことがありますが、明らかに保湿が足りていません。
そこでコンドロイチンを摂取することで、肌の保湿効果を期待でき、それがアンチエイジングにつながるのです。

他にも期待できる効果には、骨粗鬆症の予防があります。
軟骨に働きかけることに加えて骨の元になるカルシウムの生成もお手伝いします。
これにより、骨が強くなるのです。

最後に血液中のコレステロールにも効果的に働きかけてくれます。
高血圧、動脈硬化など恐ろしい病気につながる可能性を高めるのがこのコレステロールですが、それもコントロールしてくれます。
コンドロイチンは健康において欠かせないたくさんの働きをしてくれます。

このページの先頭へ