美容と健康

コンドロイチンの原料って?

関節炎や、関節の様々な問題を解決してくれる非常にありがたい成分、コンドロイチンですが、原料はなんでしょうか。
最初に覚えておきたいのは実はコンドロイチンは若い頃、自分の体の中でも作られます。
ですから若い頃は多少無理しても関節が痛むことはそうありません。

しかし歳をとるとそうはいかなくなります。
少しの運動で足の関節が傷んだり、重いものを持つと腰がダメージを受けます。
これは骨と骨の間にある軟骨が磨り減ってきたためです。

この問題を解決するためには外から摂取しないといけません。
なぜならコンドロイチンは軟骨を修復させる力があるからです。
コンドロイチンは主にサメの軟骨を原料としています。

サメの軟骨は質がいいので、コンドロイチンがたくさん採れます。
また、サメであれば、数もたくさんいますので、比較的安価で購入することができます。
他にもコンドロイチンに似た成分で、ヒアルロン酸がありますが、この場合原料は鶏のトサカの一部分となり、量が少ないので値段も高くなります。
サメの軟骨に含まれる成分が、私たちの軟骨を形成する上で非常に大きな助けになってくれます。
サプリメントを摂取する際にこのことを思い返すなら、摂取するときにありがたみを感じます。

このページの先頭へ