美容と健康

コンドロイチンの語源

コンドロイチンには軟骨の本という意味があります。
つまり、コンドロイチンは非常に軟骨にとって良い働きをするということです。
それもそのはず、私たちの体は若い頃はこのコンドロイチンを自分の体内でつくっていました。

しかし歳とともにそれが作られなくなってしまったのです。
ですから、体外で取り入れざるを得なくなったわけです。
これらは実際に軟骨の元となります。

ですから、関節の痛みに関して非常に有効的に働きかけます。
軟骨はどんどん磨り減ってしまいます。
それが少なくなると骨どうしがこすり合うので非常な痛みを関節に持つようになります。
その状態をよくするためには、コンドロイチンで軟骨を再形成するのが一番です。

いまは注射も打ってくれます。
病院に行き、状況を説明しあまりにひどい場合は注射を何日も打つことになります。
血管に注射するので比較的早い効果を期待できるのが特徴です。

またサプリメントでも摂取できます。
動物性のコンドロイチンであれば、魚の軟骨が使われることがほとんどですが、これもまた軟骨の本という名前の由来通りです。
軟骨を作り出す大切な成分コンドロイチンですが、体外から摂取することで自分の軟骨を回復させる効果を持っています。

このページの先頭へ