美容と健康

コンドロイチンとヒアルロン酸

コンドロイチンとヒアルロン酸の似ているところは水分保持という点です。
違いはというと、ヒアルロン酸の場合、鶏のトサカから摂取できるわけですが、これが微量しか摂取できません。
ですから供給できる量が少ないということは当然、高価で取引させるというわけですので、私たちが購入するときもなかなかの値段がしてしまいます。

しかし、その分効果は抜群です。
非常に少しの量だけであっても、相当な量の水を保持することができると言われています。
ですから、歳をとってきて体になかなか水分を貯めることができなくなってきた人に大きな効果を発揮します。

水は生命の源です。
水分が体内で果たす役割は非常にたくさんあります。
そしてコンドロイチンはとなると、原料がサメの軟骨になります。
サメの軟骨はたくさんあるので、比較的安値で取引されています。

コンドロイチンも水分保持で非常に良い働きをしてくれますが、ヒアルロン酸にはかないません。
しかし、似ている働きをしていることから、ある会社はサプリメントとして販売するときにこの二つの物質を混ぜ合わせてサプリメントにしているものもあります。
ですから、ヒアルロン酸と、コンドロイチンを摂取して、水分を蓄え健康な体を作れます。

このページの先頭へ