美容と健康

コンドロイチンで関節炎対策

どうして関節炎が起こるかというと、関節に対する負担が大きくなっているからです。
若い頃は血行無理をしても関節に痛みを覚えることはあまりなかったかもしれません。
しかし、歳を重ねるとそうはいかなくなります。

例えば、重いものを持った時の次の日は腰になかなかの痛みが残ります。
そして一日歩いたりすると、次の日に膝に痛みを覚えます。
これが筋肉痛ではなく、関節炎です。

そして関節炎がひどくなると、普通に歩くことすら痛みを覚えるようになります。
当然、熱を持っているわけですので冷やしてあげること、更に刺激を与えないように休ませてあげることが大切になってくるわけですが、他にもできる事があります。
それが、コンドロイチンの摂取です。

コンドロイチンは、関節の間にある軟骨をサポートしてくれます。
軟骨は次第に磨り減っていきます。
それが少しの運動で関節に痛みが残り、関節炎になる原因につながるのです。

ですから軟骨を修復してあげることが大切です。
コンドロイチンは水分を引き寄せ、しかもそれを保つ上で非常に良い働きをしてくれます。
それだけではありません。

実際に軟骨の修復も行ってくれます。
関節が痛むようになってきたなら、それはサインです。
早めにコンドロイチンの摂取を始めましょう。

このページの先頭へ