美容と健康

加齢とともに減少するコンドロイチン

悲しいもので、若い頃は体の中でたくさん分泌されていたものが、歳とともに分泌されなくなってしまいます。
女性ホルモンもそうです。
若い頃はどんどん分泌されますが、閉経後はぐっと減ります。

水分もそうです。
若い頃は水分を吸収し、保湿の面で非常に優れていますが、歳を取ると水分がどんどん抜けてしまいます。
体の六割が水分ですので、健康を維持するためには水分を摂取することが欠かせません。
そしてコンドロイチンも挙げられます。

コンドロイチンとは軟骨、目の角膜、臓器などに存在し、水分を保ち栄養を吸収する役割があります。
つまり、代謝を促す点で、コンドロイチンは欠かせない働きをします。
しかし、若い頃は体内で作ることができたコンドロイチンも歳を重ねるごとに分泌されなくなってきます。

それにより、関節痛などを引き起こすことになるのです。
どんどん磨り減っていく軟骨をサポートする物資が足りないからです。
それで、作られなくなった物質は外から取り入れて補う必要があります。

それがコンドロイチンです。
実際に軟骨の元とも呼ばれ関節痛に絶大な力を発揮します。
ですから、コンドロイチンの摂取は欠かせません。
サプリメントで摂取することで補いましょう。

このページの先頭へ