美容と健康

コンドロイチンとカルシウム

骨粗鬆症という怖い病気があります。
これは体の骨がカスカスになってしまう病気で、ちょっとした刺激でも骨が折れてしまうこともあります。
どうしてこんなことが起こりうるかというと、カルシウム不足と、組織の生成の面で問題が起きている証拠です。

解決策としては、食生活を見直すことができます。
カルシウムが多く含まれていてしかも、しっかりと骨になってくれるように働きかけることが大切です。
そこでコンドロイチンが役にたちます。

コンドロイチンはつなぎ役として大きな活躍をします。
カルシウムを吸収して代謝しやすいように働きかけてくれるのです。
ですから、カルシウムを摂取するだけではなく、つなぎとなるコラーゲンや、コンドロイチンを摂取することが大切になってきます。

そうするなら摂取したカルシウムが骨を作るように働いてくれます。
ですから、もし骨に関して心配を抱いているのであれば、カルシウムの摂取と同時にコンドロイチンの摂取を試みることができます。
そうすることで骨が少しずつ強くなっていきます。
折れにくい、中身の詰まった骨になるのです。
カルシウムとコンドロイチンは非常に相性が良いので、これが一緒になっているサプリメントも販売されています。

このページの先頭へ