美容と健康

コンドロイチンと熱中症

コンドロイチンの特徴は保水性がすごいところにあります。
これにより、関節にある軟骨を形成する上で欠かせない物質となっているわけですが、この保水性のすごさは体にいろいろな益をもたらします。
まず、肌の潤いを保ちます。

皮膚の下の水分をしっかりと保つことにより、美容において非常に大きな役割を果たしてくれます。
歳をとるにつれて、肌の潤いはどうしても失われ乾燥しがちになってしまいますが、それでもしっかりとコンドロイチンを吸収することで、肌の潤いを保つ事ができます。
そして、熱中症にも効果的です。

熱中症は体内の水分が不足することで起きます。
そもそも体の六割が水でできているので、この水が生命にとってどれだけ大切かはすぐに理解できます。
熱中症もたかが熱中症ではありません。

場合によっては命に関わります。
水分を体に維持するために、夏場は特に水をたくさん摂取することが大切ですが、他にもできる事があります。
それが、水を保持する効果を持つコンドロイチンを摂取することです。

よく脱水症状になる人は、コンドロイチンを積極的に摂取することができます。
そうすることで、体の水が奪われないようにしてくれます。
実は熱中症においても効果を発揮するのがコンドロイチンなのです。

このページの先頭へ